沿革 | 特定医療法人 同心会 遠山病院

遠山病院のご案内

沿革

昭和30年4月 開院 50床 木造2階建て 290坪 医師6名 従業員15名
診療科目 内科・循環器科・呼吸器科・消化器科
31年3月 結核病棟増築 35床増 木造2階建て 120坪
32年9月 15床増床 100床に(一般30床、結核 70床)
34年8月 病棟増築 31床増 中病棟鉄筋2階建て
40年3月 手術室・恢復病棟増築 146床に(一般41床、結核105床)
職員数92名 医師6名 薬剤師2名 看護婦34名 放射線技師3名 検査技師9名 事務9名 その他23名
45年7月 本館棟建築 鉄筋4階建て
46年4月 人工透析開始
11月 給食部増築 鉄筋2階建て(職員食堂含む)
49年7月 病床数変更 160床 (一般110床、結核50床)
50年4月 放射線・透析室増築 2階建て
52年5月 病床数変更 160床 (一般132床、結核28床)
8月 基準看護 特1類を承認 132床
53年12月 ボイラー室建設 重油蒸気ボイラー
54年4月 病床数変更 200床 (一般182床、結核18床)
55年3月 放射線・透析室増築
4月 創立25周年祝賀会 4階講堂にて
56年12月 標榜科目の追加 内科・消化器科・循環器科・外科・呼吸器科・肛門科に
病床数の内容変更 200床(一般200床へ)
58年10月 南病棟建築  CT導入
60年1月本館北側増築 鉄骨3階建て 3階ドック室設置
9月理事長遠山豪が第35回日本病院会学会長に就任し伊勢にて開催
61年1月 西村誠が院長に就任
63年5月 西村誠が理事長に就任
11月 看護宿舎・保育所建築 南新町4-60へ
平成3年1月 手術棟増築(1階厨房、2階手術室、3階リハビリ)
4年3月 特定医療法人の承認 平成3年度より
6年1月 松本常男が理事長に就任、石倉紀男が院長に就任
8年5月 附属棟(一般職員用更衣室、倉庫)を建築
9年12月 中病棟増築(1階外科診察、内視鏡室、待合 2階透析センター60床、3階第5ナースステーションほか病室、4階健診センター)
10年1月 中病棟4階健診センター 10床(1泊2日ドック用)
11年9月 MRI導入
12年5月 加藤俊夫が理事長に就任
6月 竹内敏明が院長に就任
8月 療養病棟24床設置 (一般176床、療養病床24床)
8月 日本医療機能評価機構受審
10月 評価機構の認定病院に
13年1月 病床数の変更 197床へ(一般173床、療養病床24床)
15年6月 CT更新 16列マルチ(県下2番目)
16年5月標榜科目 放射線科を追加(内科・循環器科・消化器科・呼吸器科・外科・肛門科・放射線科)
17年3月北附属棟増築(看護更衣室、病歴室など)
7月地域医療福祉連携懇談会 第1回(年1回)
11月日本医療機能評価機構 認定病院更新
18年7月療養病棟廃止(一般病棟へ変更)一般病棟197床
11月化学療法室設置
19年3月乳房撮影装置(デジタル)導入
6月横浜市大附属病院の臨床研修開始(初期研修2年目地域医療)
20年7月DPC準備病院へ
9月外来採血室を設置(採血場所の)中央化
10月MRI入替え
11月入院基本料10対1看護体制に変更
12月南館2階トイレ改装
21年4月地域住民向け健康教室 再開
7月画像システム導入(フイルムレス化)
22年3月耐震化工事(放射線棟)

隣接市営住宅跡地 土地取得

7月CT装置入替え(128マルチCT)
9月日本医療機能評価機構 認定病院更新
救急功労者表彰 総務大臣表彰
23年3月耐震化工事完了(本館棟、放射線棟)
4月DPC対象病院
7月節電対策 デマンドコントロール装置
24年6月 三重大学医学部第6学年 メディカルクラークシップ受入
25年 4月電子カルテ導入
8月 入院基本料7対1看護体制に変更
27年 3月日本医療機能評価機構 認定病院更新
28年 3月新棟竣工
29年 1月 病床数の変更 184床へ(一般162床 健診22床)
現況
(H29.4.1 現在)

診療科目 内科・外科・消化器科・循環器科・呼吸器科・肛門科
・放射線科
職員数 330(医師22名 看護師170名 その他138名)

▲ページトップへ