内科の診療内容 | 特定医療法人 同心会 遠山病院

HOME > 診療科・部門のご案内 > 内科の診療内容
診療科・部門のご案内 - 内科

内科の診療内容

一般内科(総合内科):内科医全員

困った症状が出た時に「一体病院の何科にかかればよいの?」と迷うことはないでしょうか。遠山病院の内科外来診療では一般内科医として色々な症状や疾患に対応するよう心がけています。
また、私たち各々の医師は一般内科診療と同時に専門外来診療も行い、必要に応じて専門医師や他科と連携をとり診療を行っています。当院では通常初診患者さまは総ての医師が対応しています。
迷った時はまず一般内科を受診して下さい。初診から専門診療を希望する場合には下記を参考にして受付に申し出てください。

内科診療室

内科待合

循環器内科  担当医:青木、水野、菅生、石倉

循環器内科では下記の症状、疾患を対象に診療しております。
当院は内科と外科の病院で小児科はありませんので、小児疾患の診察は出来ませんが小学生以上の学童小児心疾患に関しては診察しております。

主な対象症状
・胸痛:全ての胸部不快感(胸部圧迫感、労作時息切れ)
・動悸:脈の不整(脈が多い、脈が少なすぎる、乱れているなど)
・下肢浮腫
・その他:失神発作、めまい、歩行時の下肢痛(間欠性跛行)
主な対象疾患
・虚血性心疾患:心筋梗塞、狭心症
・不整脈 心筋症 心臓弁膜症 心不全
・高血圧:高脂血症等の生活習慣病
・その他:大動脈瘤、大動脈解離
     末梢血管(静脈、動脈)疾患(閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症)
     肺塞栓症、先天性心疾患など
当院で可能な検査
・心臓超音波検査
・冠動脈造影CT検査
・心筋MRI検査
・冠動脈造影検査
・心臓カテーテル検査
・心臓運動負荷試験(トレッドミルテスト)
・ホルター心電図(24時間心電図)検査
・その他:・下肢動静脈超音波検査・頚動脈超音波検査
     ・動脈硬化の判定、下肢動脈硬化の検査(ABI)

超音波検査

心電図

▲ページトップへ

消化器疾患  担当医:井本、岡

消化器内科は食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓などの病気を診断し内科的(薬物、内視鏡)に治療をします。内視鏡では病気の早期発見に努め可能なら内視鏡治療で根治を目指します。
また当院の外科は消化器外科が専門であり連携をとり治療を行っています。

むねやけ、腹痛、背部痛、食欲不振、嘔吐、腹部膨満(腹がはる)、タール便(便が黒い)、血便、下痢、黄疸、腹水、尿が濃い、などの症状がある方は消化器内科の受診を受付で申し出てください。

下記の検査や治療、処置を行っています。

上部消化管造影及び内視鏡検査(胃カメラ)大腸内視鏡検査、大腸造影検査(注腸造影)、内視鏡的食道静脈瘤硬化療法と食道静脈瘤結紮術、超音波内視鏡検査、内視鏡的止血処置(胃出血など)、内視鏡的胃ポリープ切除、内視鏡的大腸ポリープ切除、イレウス管による治療(腸閉塞)、腹部血管造影、肝動脈塞栓術(肝癌)、経皮経肝的胆嚢ドレナージ、内視鏡的逆行性胆管造影、内視鏡的総胆管結石除去術、内視鏡的胆管ステント留置術 、内視鏡的胃瘻造設術とその管理、ピロリー菌除去、ウィルス性慢性肝炎の治療

▲ページトップへ

腎・透析  担当医:西村、松本、菅生、上野、竹内

蛋白尿や血尿で問題のある方、むくみや腎臓の病気を指摘された方、腎疾患に悩みのある方、急性腎不全の加療や糖尿病性腎症や慢性腎不全と言われた方などが対象です。ネフローゼや尿の蛋白の多い 患者さまには腎生検を行い治療方針を決めて治療をしています。保存期の腎不全や高度の腎不全患者さまには少しでも長く腎機能を維持していただけるよう食事療法を含め治療に努力しています。

透析センターには豊富な人材(臨床工学技士)も常勤しており、慢性腎不全の透析方法だけでなく急性腎不全や多臓器不全、急性重症膵炎などの各種の血液浄化療法や吸着法を実施しています。腹膜透析も行っています。

»「透析センター」のページへ

▲ページトップへ

血液疾患  担当医:矢﨑、竹内

採血シーン

貧血をはじめとした良性疾患から悪性リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫などの血液腫瘍まで幅広く血液疾患の患者さまの診療を行っています。

患者さまのご希望や状態に合わせて最善の治療法を検討し、病状と治療方針、見通しに関する説明を十分行い治療法を選択していただけるよう心がけています。骨髄移植を必要とする場合には三重大学附属病院などに紹介しています。

主な対象疾患
貧血(鉄欠乏性貧血、悪性貧血、自己免疫性溶血性貧血、再生不良性貧血)
血小板減少症(特発性血小板減少性紫斑病)
白血病(急性・慢性骨髄性白血病、 急性・慢性リンパ性白血病)
骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫(ホジキン病、非ホジキンリンパ腫)
多発性骨髄腫、骨髄増殖性疾患(真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症)など

▲ページトップへ

呼吸器疾患  担当医:上野

咳や痰、血痰、発熱、喘鳴、息苦しさ、術なさ、などの症状のある方は一般内科を先ず受診してください。息苦しさや術なさ等は循環器や他の疾患の場合もあります。
専門性が必要な場合には呼吸器疾患専門医の受診をしていただきます。

対象疾患は急性・慢性気管支炎、肺炎(ウィルス性肺炎、細菌性肺炎、間質性肺炎、細気管支性肺炎、その他の肺炎や肺臓炎や結核)、気管支拡張症、肺気腫など慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、胸膜炎、肺癌などの診断と治療を行います。
慢性の呼吸不全に対しては在宅酸素療法(HOT)を行っています。肺癌等の診断には胸部写真やCT検査、気管支鏡検査などで診断し化学療法などは当院で実施可能ですが、手術などを必要とする場合には三重中央医療センターや三重大学附属病院に、また、肺結核で排菌している場合には結核の治療施設に紹介しています。

▲ページトップへ

腫瘍・化学療法外来  担当医:野村、矢﨑、日浅

消化器の悪性腫瘍やその他の悪性腫瘍の化学療法に関しては入院治療だけでなく、患者さまの生活の質を維持して頂くため通院による治療をして頂けるように薬剤師と共に薬剤に対して専門的な知識を持って行って、化学療法室にて治療を行います。

▲ページトップへ

糖尿病  担当医:三﨑

糖尿病は今や国民病で大変多くの患者さまがおられます。そのため外来診療では総て医師が糖尿病患者さまの診療を行っています。

食生活の改善が大切であり栄養指導や糖尿病教室を開いています。また、コントロールが困難な糖尿病など必要な場合には糖尿病専門外来に受診して頂いております。

▲ページトップへ

神経疾患  非常勤医師

頭痛・シビレ・運動障害・物忘れ・その他色々な神経症状など一般内科で初診や検査を行い、必要な患者さまは神経内科専門外来(週1回 月曜日午後)と脳神経外科専門外来(週1回 火曜日午前中)に受診して頂くようにしています。

▲ページトップへ

内分泌(特に甲状腺)  担当医:三﨑

一般内科で診療していますが、特に内分泌疾患で専門性を必要とする場合には水曜日午後の専門外来の診察に誘導しています。

▲ページトップへ

感染症  内科医全員

最新の感染症情報に基づいて、主に消化器・呼吸器感染症に対応いたします。
インフルエンザ等の感染症は別室で対応させて頂きます。

▲ページトップへ