看護部(概要) | 特定医療法人 同心会 遠山病院

HOME > 診療科・部門のご案内 > 看護部(概要)
診療科・部門のご案内 - 看護部

概要

ご挨拶

当院は、地域医療の一端を担う急性期の病院として、地域の皆様によりよい医療が提供できるよう努めています。昨今では医療環境が急速に変化する中、地域包括ケアシステムが構築されつつあります。私達の目標は、患者さんが疾患を抱えながらも幸せな生活を送ること、あるいは1日も早く治癒すること、入院した時にはADLはじめ各機能を落とさずスムーズに元の生活に戻ることです。「寄り添い、持てる力を引き出す」という看護理念の基、患者さんと共に、各職種の専門的な力と共に、看護の仲間と共に、目標が達成できるよう取り組んでいます。また、在宅で療養している方、介護をされている方にも貢献できるよう入院を受け入れています。外来ではフットケアやストーマ外来、最近では看護相談室を開設し、がん患者さんの相談なども行っています。また、がん化学療法、人工透析や手術患者さんなどの看護も充実するよう取り組んでいます。

当院看護部は「相手の立場に自身を置き換える想像力」と「創造力」をもち、地域の皆様に尽くすことができる看護師の育成を目指しています。院内教育はクリニカルラダーを導入し、キャリア形成のための支援を行っています。

 ワークライフバランス推進にも取り組み、やりがいのある働きやすい職場づくりに努めています。子育て世代や介護世代などは、それぞれの支援制度を利用し、周囲のスタッフも、お互い様意識をもち協力をしてくれています。また 、連続休暇なども導入しています。是非一度、当院にお越し下さい。
看護部一同、心よりお待ちしております。

看護部長 石川 正子



看護部理念

寄り添い、持てる力を引き出す

方針

1. 病院の基本方針・倫理指針に基づき、質の高い看護・満足される看護を提供します

2. たゆみなく専門職業人として研鑽し、能力維持・開発に努めます

3. Together

看護部シンボル

雪割草

遠山病院看護部のイメージシンボルは、
春の訪れを告げる可憐な花、雪割草です。

【雪割草】
キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草で、その中でもミスミソウ、スハマソウといった様々な種類に分類される。花弁・葉の色・カタチ・数など多岐に渡る。雪の下でも常緑であることからユキワリソウと呼ばれる。
 
花言葉:信念・信頼・自信

▲ページトップへ