看護部(職場紹介) | 特定医療法人 同心会 遠山病院

診療科・部門のご案内 - 看護部

看護部 職場紹介

遠山病院看護部では、個々のスキルアップはもとより、各部署間の円滑な連携によって患者様へのよりいっそうのサービス向上を図っていきます。

第1病棟

1病棟は、消化器外科の病棟で、胃、腸、肝臓、胆嚢、膵臓、乳房、痔等の手術前後の患者様が対象です。術後の痛みの緩和に努めながら、早期離床を進めています。急性期から終末期の患者様に対して、常にやさしさと笑顔を忘れず、患者様主体の看護をめざしています。スタッフは活気にあふれ、他職種との強いチームワークで業務を行っています。

第3病棟

3病棟は内科全般の急性期から慢性期治療の患者様の看護を行っています。 なかでも循環器疾患の割合が多く、心臓カテーテル検査、冠動脈形成術、ペースメーカー植え込みなどの検査・治療を安心して受けて頂けるようにパンフレットを用いながらわかりやすい丁寧な説明を心がけています。 患者様が、安全・安楽で満足な入院生活を送って頂けるよう、笑顔を絶やさず、他職種と連携し、日々専門知識の向上に努めています。

第5病棟

5病棟は内科病棟です。脳卒中や肺炎、心不全といった一般内科疾患以外にも、血液疾患等により化学療法を受ける患者様も多く入院されます。患者様は、たくさんの不安を抱えています。私たちは、患者様に寄り添い、ニーズを把握し、安全・安楽に治療を受けていただくよう日々頑張っています。 一日でも早く元の生活に戻れるよう、入院した時から退院後の生活を視野に入れ、他職種との連携を図り、より良い看護の提供に努めています。

外 来

外来スタッフは看護師、看護助手計23名で各科診療介助などの他に内視鏡検査介助やストーマ外来、化学療法などをコメディカルと協働して対応しています。

透析センター

当院透析センターは、透析医療のさきがけとしてS46年に透析医療を開始、『信頼され愛される病院に』を基本理念に医療活動を続けています。透析センターは現在63床、全てのベッドに テレビ(DVD)を完備、現在200名の方が治療を受けられています。行っている治療内容は血液透析・腹膜透析・各種血液浄化療法などで、夜間透析にも対応しています。医師・臨床工学技士と協力しながら安全で安心できる透析治療と看護を提供します。

手術室

看護スタッフは、看護師5名(他兼任4名)・看護助手3名で構成されています。 消化器・乳腺・シャント造設・外来手術等の手術を年間約700件行っています。また、手術を受けられる患者様に対し、術前訪問・術後訪問を導入しています。 手術室は活気にあふれており、スタッフ間の強いチームワークが特徴です。常に新しい情報や知識を取り入れ、患者様に、安全かつ安心して手術を受けて頂ける様、心掛けています。

▲ページトップへ

  • 概要
  • 教育
  • 看護師募集