薬剤部 | 特定医療法人 同心会 遠山病院

診療科・部門のご案内 - 内科

薬剤部の主な業務

調剤業務(内服薬・外用薬)

電子カルテシステム(コンピュータを用いた医療情報伝達システム)により、院内処方箋(外来)、入院処方箋が薬局に出力され調剤を行っています。
処方された薬については、薬剤師が患者さんの年齢・体重・臨床検査値などを考慮して確認を行うと共に、相互作用等を確認したうえ患者さんに適切な薬がお渡しできるよう努めています。
院内処方は原則として、透析を受けている患者さんに限らせていますので御協力下さい。

調剤業務1
調剤業務2

注射薬の混合(中心静脈栄養、抗がん剤)

配合変化や投与ルートを確認しながら、各個人の注射薬の準備をしています。
中心静脈栄養の点滴や、抗がん剤の点滴を事前に準備し投与前に安全に混注しています。

注射薬1
注射薬2

がん化学療法

化学療法で使用される抗がん剤の安全管理を行うために、患者さんに点滴される抗がん剤の投与量が適切か、治療に伴う吐き気やアレルギーへの予防・対策は行われているか等を、薬剤師が全ての治療について処方確認しています。

注射薬1
注射薬2

抗がん剤患者治療室(10床)

注射薬1
注射薬2

持参薬鑑別業務

入院時にお持ち頂いた持参薬をお預かりし、その内容を調べています。
持参薬とは、入院時に持ち込まれる飲み薬・外用薬・注射など全ての薬のことです。
持参薬の情報を早く的確に把握することは、入院後の治療をより適切に行う上でとても重要です。
薬だけでなく、薬袋・薬の説明書やお薬手帳も大切な情報源ですので必ずお持ちください。
持参薬をお持ち頂くことで、患者さんにとって次のような利点があります。
 ・持参薬と、これから治療のために処方される薬との相互作用がチェックされ、
  重複投与を避けることができます。
 ・手術や検査などの前に中止すべき薬を、チェックすることができます。
 ・普段飲んでいる薬の飲み方について、薬剤師がアドバイスすることができます。

医薬品情報提供

医師や看護師からの問い合わせに応じたり、医薬品に関する情報を収集し提供しています。

病棟業務

病棟の医薬品管理を始め、全ての入院患者さんの病歴、薬歴、副作用・アレルギー歴などの情報を収集し、入院中の薬物療法が適正で安全に行われるために相互作用のチェック、処方支援などを、他の医療スタッフと協働しながら実施しています。

医薬品管理業務

医薬品の発注、入庫、在庫管理とともに、金庫保管や冷所保管が必要な医薬品、毒薬、劇薬、などを薬品毎に適切な保管管理を行っています。日常診療に支障なく医薬品を提供できるよう、また不良在庫が発生しないよう医薬品の適切な在庫管理に努めています。

学生実習受け入れ

6年制薬学部では、5年次に病院および調剤薬局でそれぞれ11週間の実習を行うことが必須となっています。当院では、薬学生の実務実習認定施設として定期的に実習生を受け入れています。
実習を通して、医療現場でしか出来ない経験を沢山してもらうこと、そして病院薬剤師がどのような役割を果たしているかを学習出来るよう、そしてこれからの地域医療に貢献できる人材育成に取り組んでいます。

就職または職場見学を希望される方へ

事前のお問い合わせは庶務課までお願いします。
連絡先(遠山病院)TEL:059-227-6171(代)

▲ページトップへ