逆流性食道炎/胃食道逆流炎 | 特定医療法人 同心会 遠山病院

HOME > 疾病と治療について > 逆流性食道炎/胃食道逆流炎
疾病と治療について

逆流性食道炎/胃食道逆流炎遠山病院 内科 岡 聖子

胃から食道へ胃酸が逆流する疾患を広く胃食道逆流症(GERD)と呼んでいます。内視鏡的に下部食道の粘膜障害(潰瘍など)を認める場合は、逆流性食道炎と呼んでいます。最近、上腹部症状で外来受診される患者さんの約10%に逆流性食道炎/GERDを認める報告もあり、増加しています。ひどくなると出血・貧血や食道狭窄の原因となります。

GERDの症状

第一に「胸やけ」という言葉に代表される自覚症状です。自覚症状の表現は人それぞれ異なるものです。

「胸が焼けつくような感じ。酸っぱいものが上がってくる感じ。食べるとものがつかえる感じ。食後胸のあたりがジワッと痛む。横になると胸のむかむかがひどくなる。胸やけなどの不快感で夜中に目が覚める。みぞおちから喉の下あたりの何とも言えない気持ちの悪さなど」

逆流性食道炎になると、食欲不振となり、体重減少を来すこともあります。

また前胸部痛や気管支喘息や咳の症状を有する中にも、GERDが原因と思われる患者さんもあります。胸やけ以外の自覚症状にも注意が必要です。

胸やけ症状以外の酸逆流の症状

  • ◆ゲツプ
  • ◆のどの違和感、イガイガ、ひっかかる様、ヒリヒリする、しみる
  • ◆つかえ感
  • ◆吐き気
  • ◆食欲不振
  • ◆ゲツプが出そうで出ない
  • ◆口が苦い
  • ◆声がかれる(嗄声)
  • ◆咳、空咳、長く続く咳
  • ◆気管支喘息発作
  • ◆前胸部痛、しめつけ、圧迫感、違和感
  • ◆起床時の胸やけ
  • ◆前かがみになると胸やけがする

①食道裂孔ヘルニア

食道(E)と胃噴門部(C)の境界では、扁平上皮から円柱上皮へ粘膜組織が大きく変化しており、EC接合部と呼ぼれます。ちょうど横隔膜を消化管が貫いていくところで横隔膜の穴を食道裂孔と呼びます。食道裂孔ヘルニアとは、この食道裂孔が広がり、EC接合部が上方に移動し、胃の上部が胸腔内で拡張している状態です。胃と食道の間の締まりが悪く、食道粘膜が胃酸の影響を受けやすくなります。腰が曲がった年配の方、肥満のある中高年の方は要注意ですⅧ若い人にもみられます。

②下部食道括約筋の圧の低下

粘膜の下には筋層があり、胃と食道の締まりを保っている筋肉のうち、特に下部食道括約筋(LES)が重要で、降庄薬として汎用されているカルシウム拮抗剤などの薬剤によって、あるいは洋菓子や芋類といった食品により括約筋の圧が低下することが指摘されています。肥満も腹庄上昇を招きやすくなります。

③ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)との関連

逆流性食道炎の多くの方はピロリ菌陰性の場合が多く、ピロリ菌感染率が低下している若年者において、逆流性食道炎/GERD症例が増加しています。一方ピロリ菌陽性の十二指腸潰瘍の患者群では胃酸分泌亢進状態もみられ、逆流性食道炎を合併する事もあります。一般的には除菌後に逆流性食道炎/GERDが増加すると報告され、食道裂孔ヘルニアのある患者さんでは生じやすいと考えられます。

▲ページトップへ

GERDへの対策

①生活習慣チェック

食べ過ぎない。間食の内容(油っこいもの、甘いもの、刺激の強いもの)に注意。食後1時間は横にならない。就寝時も上半身を少し高くして寝る。前かがみにならない。肥満や便秘を避ける。おなかを締め過ぎないようになど。

②薬物治療

プロトンポンプ阻害剤(1日1回タイプの酸分泌抑制剤)を中心に、H2拮抗薬(1日2回タイプの酸分泌抑制剤)、消化管運動改善剤、制酸剤などがよく効きます。牛乳を摂取できる患者さんは胃酸の中和に牛乳をお勧めします。お薬を止めると再発しやすい。

③高度食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡的治療

以前の外科的手術療法に加えて、腹腔鏡を使用する縫縮術が考案され行われるようになってきました。

遠山病院だより 2007年38号より

▲ページトップへ