乳がんの診断と治療の最新情報 | 特定医療法人 同心会 遠山病院

HOME > 疾病と治療について > 乳がんの診断と治療の最新情報
疾病と治療について

乳がんの診断と治療の最新情報遠山病院

若年での乳がん発生が増加しています

マンモグラフィー装置

日本人女性の乳がん患者数と死亡率は年々増加傾向にあります。乳がんの罹患率は30歳代から増え始め、40歳以上になると一気に増加しています。欧米では閉経後の乳がんが多いのに対して日本では40歳代での罹患率が高い特徴があります。

また最近では、20歳代の女性にも乳がんが見つかるケースが増えています。乳がんは、①出産をしていない方、②高齢出産の方、③初潮が早く始まった方、④閉経が遅かった方、⑤血縁者に乳がんの人がいる万−−−に発生しやすい傾向があります。

現在、厚労省の指針では40歳以上の女性が、定期的な乳がん検診の対象となっています。

マンモグラフィーを用いた乳がん検診が普及しています

マンモグラフィーとは乳房専用のX線撮影のことです。

乳房は柔らかい組織なので、専用のレントゲン装置で乳房をはさんで写真を撮ります。乳房を圧迫しながら薄く均等に広げることによって、少ないレントゲンの量で乳房の中をより鮮明に見ることができます。乳房の大小にかかわらず撮影は可能で、マンモグラフィー撮影に伴う被曝による健康被害は、ほとんどありません。触っても判らないような早期の小さな乳がんや、しこりを作らない乳がんを白い影(腫瘤影)や非常に細かい石灰化の影(微細石灰化)として見つけることができます。

遠山病院は、マンモグラフィー検診精度管理中央委員会より、マンモグラフィー検診施設の認定を受けており、委員会の定める仕様基準を満たした高性能乳房X腺撮影装置を用い、同委員会の認定を受けた5名の有資格医師、2名の女性放射線技師が検査・読影・診断にあたっています。

マンモグラフィー画像

▲ページトップへ

さらに視触診・超音波(エコー)検査の併用が推奨されます

マンモグラフィーは、小さながんも発見可能な正確な検査ですが、乳腺組織の豊富な閉経前の女性では、病変があっても影が映らない場合があります。マンモグラフィーだけでは診断できないがんは10%程度あるとされます。これを補うために、医師による視触診と超音波検査を併用することが推奨されます。

視触診とマンモグラフィーおよび超音波検査の3者を併せて行うことで、見逃しの少ない乳がん検診が可能になります。

▲ページトップへ

異常を指摘されたら精密検査が必要です

造影MRI検査、乳腺穿刺吸引細胞診、マンモトーム生検、試験切除等を行います。

検診で「精密検査が必要」となる人は約5%です。そして、精密検査の受診者のうち約2%が乳がんと診断されます。つまり、「精密検査が必要」とされた人の50人に1人、検診総受診者の1000人に1人の割合(全体の0.1%)で、乳がんが見つかっていることになります。精密検査が必要とされたら、必ず専門医を受診してください。

精密検査の方法としては、造影MRI検査、穿刺吸引細胞診検査(注射針でしこりの部分の細胞を採取する)、生検(マンモトームや手術でしこりの部分の組織を取る)が行われ、診断を確実にします。

▲ページトップへ

乳がんの治療について

手術療法では、病状に応じて乳房温存手術や、脇の下のリンパ節をできる限り残す術式を選択する率が高くなってきました。

乳がんの治療法には、手術、放射線、ホルモン療法、化学療法などがあります。治療の中心となるのは手術療法ですが、腫瘍径が3cm以下で広範な石灰化がなく、リンパ節転移が一定の範囲にとどまるなどの条件を満たせば、乳頭や乳房をできる限り温存する手術が可能です。ただし、温存手術では、念のために手術後の放射線療法とホルモン化学療法を追加する必要があります。

また最近では、手術時に腫瘍に近いリンパ節の転移の有無を調べて、できる限りリンパ節を温存するセンチネルリンパ節生検を併用する手術も行われるようになっていますが、これらの新しい方法はまだ研究途上でもあり、その成果については今後の研究結果を待つことになります。なお乳がんの病状によっては、従来どおりの乳腺の全切除やリンパ節の切除が必要な場合も少なくありません。手術の方法については、主治医とよく相談することが大切です。

乳がんは女性ホルモンに刺激されて増殖するものが60~80%あり、手術で切除された腫瘍を調べて、ホルモン感受性が高い患者さんでは、ホルモン療法を行うことが一般的です。また抗がん剤も日進月歩で研究が進んでおり、最新のデータに基づいた治療法が選択されます。

▲ページトップへ

早期発見が何よりも大事

マンモグラフィー、エコー検査などを用いた乳がん検診で発見される乳がんの70%以上は早期がんで、乳房温存手術の対象となり、高い確率での治癒が期待できます。乳がんを予防する方法はまだありませんが、早期発見は十分に可能となっています。

少なくとも2年に1回、できれば年1回の検診を受けるようにしましょう。また自己検診で、しこりが触れないか乳頭からの分泌物がないかなどをチェックすることも大切です。

遠山病院は、日本乳癌学会およびマンモグラフィー検診施設の認定病院であり、放射線科との連携のもと、乳がん検診から精密検査、乳がんの手術および手術後の補助療法まで、一貫した診断治療に積極的に取り組んでいます。

乳がんの診断治療に関するお問い合わせやご相談は、当院外科をお気軽に受診してください。また女性医師をご希望の方は、毛利智美医師、伊藤知恵子医師が担当いたします。

遠山病院だより 2007年39号より

▲ページトップへ